健康食品の基礎知識
2019.04.25

自分に合ったサプリメントの選び方|ダイエット編

サプリメントを飲むだけで、苦労せずにダイエットしたい――。でも(ご存知の通り)現実はそう甘くありません。それでも、多少なりともダイエットに効果がありそうなサプリを選びたいですよね。ここではダイエットに取り組む人向けに、サプリメントの選び方について解説します。

監修医師

監修 管理栄養士  横川仁美

サプリメントイメージ

最初に、ダイエットに良さそうなサプリメントを探しているあなたにお尋ねします。サプリメントを選ぶ前に、自分にとってどういう商品が必要なのか考えてみましたか?

「飲むだけで痩せられるサプリメント」を求めているなら、それは高望みというものです。もしそんなものが世の中にあれば、とっくに医薬品になっていて、肥満の人はいなくなっているでしょう。

サプリメントはあなたのダイエットを「補助」するものであって、「解決」するものではありません。サプリメントの力を借りてダイエットを成功させるためには、「サプリメントに助けてほしいこと」を決めてから商品を検討するのが賢い選び方です。どういうことか、詳しく見ていきましょう。

どんなサプリメントが自分に合っている?

ダイエットの基本は、栄養バランスが良くてカロリーを抑えた食事と、体脂肪を減らす運動です。この基本はサプリメントを飲んでも、医薬品(抗肥満薬)を飲んでも変わりません。

食事と運動の改善は必須です。しかし、今までの生活習慣を変えるのは誰にとっても嫌なものです。サプリメントはその辛さを和らげ、生活改善までの道のりを伴走してくれるもの、と捉えるといいでしょう。

サプリメントを選ぶ前に、自分にとってどんな伴走者がふさわしいか考えてみましょう。できそうなところから生活を改善するにあたって、そのチャレンジをサポートしてくれるサプリメントはどんなものですか?

食事量を減らす辛さを紛らわせてくれるもの、脂肪や糖の吸収を抑えてくれるもの、栄養バランスの改善ができるもの、運動で効率的に体脂肪を減らせるもの……。自分のダイエット生活に必要なものをイメージしてからサプリメントを選べば、なんだか現実味のない誇大広告に騙されにくくもなりますよ。

サプリメントの選び方のポイント5選

自分にとって良さそうなサプリメントがイメージできたら、店頭やネットで探してみましょう。商品を選ぶ際のポイントを5つ、下記にまとめました。

ポイント1:成分表示をしっかり見よう

サプリメント商品を探しにいくと、そこには魅力的な宣伝文句が溢れています。ついその売り文句だけを信じて買いたくなりますが、いったん冷静になって、パッケージの成分表示を確認してください。

どんな成分がどれだけ含まれているか、その成分は身体の中でどんなサポートをしてくれるのかを確認して、「自分にとって本当に値段分の価値がある商品なのか」を考えてみましょう。

成分についてはスマホなどで検索すれば、どういったものか大まかに把握することができますし、店頭にいる薬剤師やアドバイザーに聞いてもいいでしょう。当サイトにもいくつかの成分について詳しく解説しています。

ポイント2:有名人や専門家を無条件に信用しない

芸能人や医学博士などが推薦しているサプリメントは、何だか良さそうに見えてしまうかもしれません。しかし、彼らが「何を根拠に」勧めているのか見極める必要があります。

芸能人はともかく、医学博士などの専門家なら信用できるんじゃないかと思う人に、ひとつ例え話をします。あなたは、何の証拠も見ていないのに被告人の顔だけで「有罪」判決をする裁判官を信用しますか? 裁判官は法律の専門家ですが、証拠なしで被告人を断罪することは許されません。

サプリメントを推薦する専門家についても同じことです。どういった証拠をもとに勧めているのかを確かめましょう。

ポイント3:信頼性を確認する

先ほど「証拠を確かめるのが大事」と書きました。しかし、その証拠が信頼できるのかどうか、一般の方には判断が難しいかもしれません。この問題を解決するために国は基準を作っており、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品などがそれに当たります。

証拠を提出し、基準を満たした商品には特別なマークが付いていますので、それがあればある程度の信頼性はあると判断できます(詳しくは『トクホと健康食品、どっちがいい?―トクホとは何か、知って得しよう―』をご覧ください)。

ただ、上記のマークが付いていないサプリメントの中にも、あなたに合うものがあるかもしれません。その場合は自分で証拠を確認して、納得できるものを選んでください。分からないことがあれば製造販売元に問い合わせるか、店頭の薬剤師やアドバイザーに証拠を確認してもらってもいいでしょう。

ポイント4:安全性を確認する

どんなに良い成分が入っていると記載されていても、表示通りに製品が製造されていなかったり、有害物質が混入してしまったりしていては困りますよね。しかし、商品の安全性が確保されているかどうかを消費者がチェックすることはほぼ不可能です。

実は、この問題についても確認できる仕組みが用意されています。安全に作られ、品質が保たれていると評価された製品には「GMP(適正製造規範)マーク」が付いています。GMPマークのデザインは『日本健康・栄養食品協会』のホームページでご確認ください。

ポイント5:サプリメント成分の重複に注意

これからダイエットするぞと意気込んで、あれもこれもとサプリメントを選んで、いくつも同時に使う人がいますが、あまりお勧めできません。

理由は2つあって、1つは成分の重複による過剰摂取の問題です。違うサプリメント商品でも同じ成分が入っていることはよくあります。成分によっては過剰に摂り過ぎることでかえって健康を害してしまうものもあるので注意が必要です。特に錠剤やカプセル型のものは成分を濃縮して配合しているので、少し多く飲んだだけで上限量を簡単に上回ってしまいます。

もう1つは、どの成分が良いのか/悪いのか判断しにくくなるということです。サプリメントを飲み始めて何らかの健康障害が起きたときに、たくさん種類があると何が悪さをしたのかが分かりません。逆も同じで、何が効いていて何が無駄なのか判断しづらくなります。サプリメントは1種類ずつ始めて、問題がなければ3か月ほど続けましょう。こうすると効果の判定がしやすくなり、結果的にお金の無駄遣いを防げますよ。

「健康食品の基礎知識」の関連情報