運動を助ける健康食品
2019.05.31

低分子化ライチポリフェノールの効果とは?―運動による疲労感を軽減―

低分子化ライチポリフェノールは、運動した後に感じる身体の疲労を軽減する効果があるとして、機能性表示食品にも使われる成分です。ライチと言えば、世界三大美女の楊貴妃が愛したことで知られる、華やかな香りの果物ですが、運動後の疲労にも効くのでしょうか。ここでは低分子化ライチポリフェノールの効果について簡単に解説します。

監修医師

監修 管理栄養士  廣野沙織

ライチイメージ

「脱・メタボ体型!」と意気込んで運動を始めてはみたものの、運動後の疲労感が強く、続けるのがおっくうになってしまうこと、ありませんか?そんなとき「疲労感を軽減する」というサプリがあったら、試してみたくなりますよね。実際に機能性表示食品として「低分子化ライチポリフェノール」という成分を配合したサプリがいくつか販売されています。これはどんな成分なのでしょうか。ここでは低分子化ライチポリフェノールが持つ、運動で生じる身体的な疲労感を軽減する効果について分かりやすく解説します。

低分子化ライチポリフェノールとは?

ライチは可食部あたりのポリフェノール量がイチゴに次いで多いと言われています[1]。低分子化ライチポリフェノールは、ライチに含まれるポリフェノールを細かくして、体内に取り込みやすい形にした成分です。大きな分子を処理して小さな分子にしているので「低分子化」という言葉が付いています。

ライチに含まれるポリフェノールは「プロアントシアニジン」という渋み・苦み成分で、これはカカオやブドウ、カキ、バナナなどにも多く含まれています。ただし、果物に含まれるプロアントシアニジンは分子が大きく、そのままでは体内に吸収されにくいのが欠点です。そこで、分子を細切れにして、その切り口にカテキン類(お茶に多く含まれる)をくっつけることによって安定化させました。こうして低分子化ライチポリフェノールが開発されたのです[2]。

低分子化ライチポリフェノールの効果とは?

では、低分子化ライチポリフェノールにはどんな効果があるのでしょうか。血流改善機能や内臓脂肪低減作用、美容効果などが研究されていますが、ここでは機能性表示食品に表示されている運動後の疲労を軽減する効果について詳しくみていきます。

低分子化ライチポリフェノールの疲労軽減効果

低分子化ライチポリフェノールの疲労軽減効果を検証した臨床試験はいくつかありますが、ここでは日本人を対象にして1日当たり200mg摂取した試験を2つ紹介します。

長距離陸上選手47名を対象に低分子化ライチポリフェノール(商品名Oligonol)が100mg入ったカプセルを朝晩1つずつ、26日間飲んでもらった試験では、運動後と日常時の疲労感についてアンケートを行いました。その結果、低分子化ライチポリフェノールを飲んでいるときは疲労感や疲労回復感が改善し、運動の強さの感じ方や筋肉・関節の痛みも軽減することが示されました[3]。

この結果は運動選手という、日頃からしっかり身体を動かしている人を対象としています。あまり運動が好きではないような人にとっても、低分子化ライチポリフェノールは効果を示すのでしょうか?

運動習慣のない男子大学生10名を対象にした試験では、低分子化ライチポリフェノール(Oligonol、200mg/日)を10日間継続して飲んだ後に、高山の環境を再現した空間のなかでトレッドミル(ルームランナー)運動をしてもらいました。つまり、登山するときの状況ということです。その結果、運動によって増える物質(唾液中コルチゾール、血清中MDA-LDL)が抑制されました。このことから、低分子化ライチポリフェノールは体内の酸化ストレスを減らし、疲労を抑えることができたと考えられています。

どうして低分子化ライチポリフェノールが疲労に効くのか、詳しいメカニズムはよく分かっていません。これまでに紹介したような臨床試験の結果に基づいて、低分子化ライチポリフェノールは機能性表示食品として届出がなされています。「運動して疲れたな」と感じるときには試してみてもいいかもしれません。

低分子化ライチポリフェノールを活用する際のポイント

ダイエットや健康づくりのために運動を始めてみようとするのは、素晴らしいことです。ぜひ続けていってほしいですが、その意欲が運動後の疲労感によって減退してしまうのであれば、低分子化ライチポリフェノールの力を借りることも一手です。下記の点に注意して活用してください。

目安量より多く食べようとしない

低分子化ライチポリフェノールをたくさん食べれば、疲労感がもっと回復するのではないか、と考えないでください。低分子化ライチポリフェノールそのものの安全性は確認されていますが、サプリメントの形状で売っていることが多いので、簡単に大量摂取することができてしまいます。

果物のライチとして食べる分には、食べられる量に限界があるので、過剰摂取はしにくいです。しかし、ライチの成分を濃縮したサプリメントの形では、飲もうと思えばいくらでも飲めてしまいます。その場合は、これまでに報告されていなかったようなトラブルが起こらないとも限りません。パッケージに書かれている目安量を守るようにしてください。

運動前後の栄養補給を

運動後の疲労感が、栄養不足によって引き起こされている可能性もあります。特にダイエット中の人は気を付けてください。運動に必要なエネルギーや栄養素が足りない状態で身体を動かせば、いくら低分子化ライチポリフェノールを飲んでも疲労感を改善することはできないでしょう。運動前にはエネルギー源となる糖質、運動後には運動で傷ついた筋肉を修復させるためのタンパク質と、筋肉に蓄えるエネルギーになる糖質をきちんと摂ったうえで運動しましょう。

かゆみや呼吸困難が起こったら病院へ

ライチは食物アレルギーを起こすことがある果物です。もし、ライチやその加工品を食べて、皮膚のかゆみや蕁麻疹、唇やまぶたの腫れ、口の中の違和感、呼吸困難などの体調不良が起こったら、すぐに病院に行くようにしてください。また、食べた直後は何ともなくとも、運動すると症状が出る場合もありますので、体調が悪くなったときは我慢せず、医師に診てもらいましょう。

参考文献

  1. [1]Brat P et al. Daily polyphenol intake in France from fruit and vegetables. J Nutr 2006; 136(9): 2368-73.
  2. [2]三浦健人ほか. 新時代のポリフェノール“Oligonol(オリゴノール)”の機能. 日本補完代替医療学会誌 2008; 5(3): 163-171
  3. [3]Ohno H et al. The Supplementation of Oligonol, the New Lychee Fruit-derived Polyphenol Converting into a Low-molecular Form, Has a Positive Effect on Fatigue during Regular Track-and-field Training in Young Athletes. Adv Exerc Sports Physiol 2008; 13(4): 93-99.
  4. [4]Nagasawa J et al. 低圧・低酸素環境が引き起こす酸化ストレスとオリゴノールの抗酸化効果. Jpn J Mount Med 2010; 30: 118-124.

今すぐ読みたい

「運動を助ける健康食品」の関連情報