ダイエットを助ける健康食品
2020.07.28

寒天はダイエットにおすすめ!低カロリー以外にもある寒天の魅力

寒天は昔から食材として使用されており、身近な存在ですよね。低カロリーでダイエットに良いと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は低カロリーであること以外にも、たくさんの魅力をもった寒天について、簡単にご紹介します。

監修医師

監修 管理栄養士  廣野沙織

寒天イメージ

寒天はテングサ、オゴノリなどの紅藻類を煮込んだものを凍結・乾燥したものです。海藻が原材料なので、日本では昔から食べられてきました。寒天は低カロリーかつ、水溶性食物繊維が多く含まれた食材です。

この水溶性食物繊維は糖や脂質の吸収を抑制し、おなかの調子を整えるという、ダイエットに魅力的な効果を持っています。詳しくみていきましょう。

寒天に多く含まれる水溶性食物繊維に期待できる効果とは?

寒天に多く含まれる水溶性食物繊維の魅力は、次の3つです。

  • 血糖値の急激な上昇を抑制する
  • 脂質を吸着・排泄する
  • おなかの調子を整える

それぞれ順番にご紹介します。

寒天に多く含まれる水溶性食物繊維の効果(1)血糖値の急激な上昇を抑制する

血糖値の急激な上昇を抑えることは、ダイエットにもつながると言われています。

血糖値が上昇すると、体内でインスリンというホルモンが分泌されます。このインスリンは糖質を脂肪に変えて体内に蓄えさせる働きがあります。血糖値が一気に上昇すると、インスリンが必要以上に分泌され、糖分を脂肪として蓄積することに。そのため、血糖値の急な上昇を抑えてインスリン分泌量を減らすことは、結果的に体脂肪をつきにくくすることにつながります。

食事から摂った糖質は、消化管の中で消化酵素によって分解・消化され、小腸から体の中に吸収されていきます[1]。

寒天に多く含まれる水溶性食物繊維は、水に溶けて体内でゲル状になり、腸内を移動する際に糖質などを吸着します。糖質の消化・吸収をゆるやかにすることで、食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果があります[2]。

実際に、砂糖25gを摂取する前後の血糖値の変化をみた試験において、寒天を砂糖と同時に摂取した群は、そうではない群と比較して、30分後の血糖値が有意に低値であったと報告されています[2]。

寒天に多く含まれる水溶性食物繊維の効果(2)脂質を吸着・排泄する

脂質の摂り過ぎはダイエットに良くないのは当然のこと。脂質は1g=9kcalとカロリーが高い栄養素で、脂質の多い食事ばかり食べていると、摂取カロリーが消費カロリーよりも上回り、体重が増えてしまいます。

食事から摂った脂質も小腸から吸収されますが、水溶性食物繊維は、糖質だけでなく脂質にも吸着し、余分な脂質の吸収を妨げるはたらきがあります。

さらに、食物繊維はLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)を低下させるという研究結果もあります[3]。血管の健康を守り、脂質異常症や動脈硬化などを予防するという意味でも積極的に摂りたい成分です。

寒天に多く含まれる水溶性食物繊維の効果(3)おなかの調子を整える

ダイエット中に便秘がちになる人がいますが、水溶性食物繊維はおなかの調子を整える効果が期待できます。腸内細菌(善玉菌)の餌となり、腸内環境を整えるのに役立ちます。また、便をやわらかくすることでスムーズな排便をサポートするので、便秘の改善にも効果的です。

寒天をダイエットに活用する際のポイント

このように、水溶性食物繊維を多く含む寒天は、糖質・脂質の吸収を妨げ、おなかの調子を整えることが期待できます。寒天をダイエットに活用する際のポイントをいくつかご紹介します。

寒天は食事と一緒に摂る

寒天に含まれる水溶性食物繊維は、腸内を移動する際に糖質や脂質などを吸着して吸収を妨げてくれるため、糖質や脂質と一緒に摂らないとあまり意味がありません。なので食事と一緒に摂るようにしましょう。おなかの調子を整える働きについては、食事と一緒でなくても発揮されます。

また、寒天は低カロリーながらも満腹感をもたらしてくれる食材のため、食事の最初に食べることで食べ過ぎを防ぐことにもつながります。

簡単に調理できる寒天レシピ

ダイエットの最大の敵は「続かないこと」ですよね。続かない原因は様々だと思いますが、「面倒くさい」というのが大きいのでは?でも、寒天なら大丈夫。簡単に調理できますよ。

まずは、簡単に作れる寒天ゼリーから始めてみてはいかがでしょうか。寒天と水(または牛乳やジュース)に粉寒天を加えて一度沸騰させたものを冷やすだけです。フレーバーを変えたり、中にフルーツを入れたり、簡単にアレンジしやすいため、飽きずに続けやすいでしょう。

また、寒天は味に癖がない食材なので、お味噌汁に入れたり、ごはんに加えたり、いつものメニューに追加するのもおすすめです。

寒天をたくさん食べれば痩せるわけではない

寒天に含まれる水溶性食物繊維は一部の糖質や脂質の吸収を妨げることはできますが、食べ過ぎたことをなかったことにはしてくれません。また、たくさん食べたからと言って痩せるわけではなく、摂り過ぎるとおなかが緩くなりすぎてしまう可能性がありますので注意しましょう。

ダイエットの主役はあなた。一番大切なのは食事メニューや運動などの生活習慣を見直すことです。そのサポート役として、寒天を上手に活用していきましょう。

参考文献

  1. [1]清水純. 食物繊維の必要性と健康. e-ヘルスネット(厚生労働省)
  2. https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-001.html
  3. [2]山内有信. 第11章 食生活と健康. 運動・栄養・健康. 三恵社. 2009; 93
  4. [3]Brown L et al. Cholesterol-lowering effects of dietary fiber:a meta-analysis. Am J Clin Nutr 1999; 69: 30-42.

今すぐ読みたい

「ダイエットを助ける健康食品」の関連情報